結婚指輪?婚約指輪?どう違うの?

結婚指輪と婚約指輪の用途の違い

結婚指輪は、同じデザインの指輪(ペアリング)のことで、結婚後に身につけます。結婚式当日に、「指輪交換」の儀式で新郎新婦がお互いに相手の薬指に指輪をはめ合います。教会での挙式だけに限らず、神前式や人前式でも、指輪の交換が行われることが一般的です。結婚後、日常的につけることになるので、シンプルなものを選ぶカップルが多いです。
一方、婚約指輪は、男性が女性にプロポーズの際に贈る指輪です。最近では、指輪ではなく時計などを婚約の記念品として贈るケースや何も贈らないという人も増えてきています。ただし、一生に一度、婚約指輪は欲しいというのが女性の本音です。普段使いよりもパーティーなどで使えるダイヤなど華やかなデザインの指輪を選ぶ人が多いです。

結婚指輪と婚約指輪、どちらが高いの?

結婚指輪と婚約指輪、相場は異なり、一般的に婚約指輪のほうが値段が高いです。結婚指輪は、ペアで10万~20万円といわれています。普段使いのため使いやすいデザインが選ばれます。ペアリングでも、女性の指輪だけダイヤを付けて華やかにするという場合は、1つの値段としては、女性の指輪のほうが高くなります。一方、婚約指輪の相場は、幅が広く、20万~40万円といわれています。「給料3か月分」という時代もありましたが、最近では、「給料1か月分より少し多い」が妥当な金額のようです。ただし、婚約指輪を貰いたいと考える女性の半数以上は、指輪の値段を気にしないというリサーチ結果もあります。値段ではなく、贈ってくれる気持ちが何より嬉しいのではないでしょうか。