挙式スタイルに関わらず、指輪交換はしたほうがいいの?

結婚式に指輪交換をするのは

結婚式のメインイベントとなるのが、新郎新婦の指輪交換です。指輪を交換する事によって、お互いが永遠の愛を誓う事になります。指輪交換というのは西洋では昔から行われていた事ですが、日本で行われるようになったのは、明治時代以降とされています。
チャペルで行う結婚式の場合、指輪交換は欠かせないイベントのひとつとなっていますが、結婚式にはチャペルで挙げるキリスト教式以外のスタイルも存在します。キリスト教式以外では、白無垢を着て神社や神殿で挙式を挙げる神前式、形式にとらわれない人前式等があります。
キリスト教式の結婚式では指輪交換がメインイベントとなりますが、神前式や人前式の場合、指輪交換をするかどうかの選択は新郎新婦が行う事が多くなっています。

神前式でも増えている指輪交換

白無垢を着て行う神前式の場合、結婚指輪はイメージに合わないのではないかと悩む人もいます。ですが、神前式でも問題なく指輪交換ができる事が多くなっています。ただ指輪交換をするかどうかは、新郎新婦の希望に任せるとなっている事も多く、この場合、希望に合わせて選ぶ事ができます。
神前式で指輪交換をしないという選択をする人の中には、白無垢での挙式の最中ではなく、その後の披露宴で指輪交換をしたいと考える人もいます。人前式は自由なスタイルとなるので、指輪交換をするかどうかは新郎新婦次第となります。
指輪交換は結婚式のメインイベントのひとつですが、必ずしなければいけないという事はありません。カップルによっては様々な事情で結婚指輪を購入しない事もあります。この場合は、最後まで指輪交換は行われません。