緊張の両家顔合わせ!結婚指輪はお披露目すべき?

結婚する事が決まったらする事

結婚する事が決まったら、どこかのタイミングでお互いの両親と顔合わせをするのが昔からの慣わしになっています。お家柄によっては、そこで結納をする人達もいますが、近年ではよほどお家柄がかたくなければ結納の儀を行う家庭は減ってきています。それに代わるプレゼントなどを用意したりするような風習に変わってきています。
両家の顔合わせは、一般的にはどこか和な雰囲気の料亭などを用意し、その際は新郎側か新郎新婦側でその料理の費用などは負担するようになっています。綺麗めな格好をし、新婦はまだ結婚をする前でしたら最後の振袖の着物を着る事ができるので、和なお店でしたら着物で参加するのもいいでしょう。そうしてお互いの両親と顔合わせをしてこれから家族になっていくので仲を深める場になります。

顔合わせをする事に意味がある

実際に料理を楽しむだけでもいいのですが、中には用意していた結婚指輪を披露するなどするのも話題作りになります。お互いが初めて会う為に緊張をしていますから、その緊張をほぐす為にも話題をいくつも用意しておく事は大事です。そして、新郎新婦の二人で費用を負担する際には、お互いの両親はお互いに対して何かおみやげを用意してくれていますので、それを渡してお開きという事になります。顔合わせというのは堅苦しい印象になっていますが、それでも昔に比べるとフランクな感じになってきていますし和風の料亭でやらなければいけないという決まりも特別ありません。両家が納得できる挨拶ができればそれでいいのですから、やらないよりはしっかり場を作って顔合わせをしてあげるという事が大事なのです。